かずじの屋根裏

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴムボートのカレイ釣り

<<   作成日時 : 2008/05/25 10:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日,ニシン釣りに出かけ,結果的にマガレイを釣ってきた。
 友人の知人から数は薄いけれどi依然として釣れているとの情報に,友人夫婦と出かけた。
 薄暗くなって留萌港に着いたものの,釣り人の数が少ないどころか帰り支度をしている人もいて,竿を出す前から釣果が分かるような状況。
 それでも,回遊魚のニシンは宝くじと同じで,竿を出したからといって釣れる訳ではないけれど,竿を出さなければ絶対に釣れない。手作りの自動しゃくり機にニシンの見張りを任せ,友人夫妻らと「夜の持ち寄り・焼肉パーティー」の始まり。
 30分ぐらいしてから,友人が急に立ち,自分の竿のリールを巻き始めた。「きたっ〜!」
 ばらしてなるものかと,車からタモ網を出して獲物を大事にすくい上げた。中をみてガックリ,それは30cm級のウグイだった。

 宴会の途中で,ゴムボートを持っている友人がやってきて,「ニシンがダメだったら,明日の朝,小平の海に出てカレイ釣りをするから一緒に乗らないか。」とのこと。
 友人の話で,先週,ゴムボート釣りをした仲間がクーラーボックス一杯の真ガレイを釣ったことを聞いていたので,乗せて貰うことにした。そうとなれば明日の朝に備え,出していたニシン釣り用の道具を早々に車に仕舞い,寝ることにした。
 
画像

 翌朝の小平の海岸。多少の風は吹いているが,ゴムボートを出すには支障がないとのこと。
 初めて見るゴムボートの扱いを興味津々に眺めながら,ときには手伝い準備完了。
 二人でボムボートを傾斜路へ運んで浮かべる。船外機が使える深さの所までオールで漕いで,いざ沖へ進める。
 随分と離れたと思ったが,友人の話では500mくらいの距離だったらしい。

 さて,釣果の方だが,岸壁からの投げ釣りとは違ってイイ型の真ガレイが,ときにはダブルでかかってくる。
 気持ちは大満足なのだが,身体の方が,海面の微妙な揺れに気分が悪くなってくる。嘔吐には何とか踏ん張りながら釣りを続け,結果的に66枚の真ガレイが釣れ,親,兄弟らに新鮮な真ガレイを分けてあげることができた。
 友人の話では「今日の海はべたなぎに近い状態で,これで酔っていたら釣りは難しいわ。」とのこと。
 
 
画像

 今週末は,ランニング仲間の○ピーさんのお誘いで,○ピー号に乗せてもらう予定。 船酔いが心配だが,これまた楽しみ。
 晴れとまでは言わなくても,船を出られるような天候になればいいな。

 ただ,自分の最近の週末の行動が,ランニングよりも釣りの方にシフトしつつあるのが気になる。北海道マラソンまで,あと3月余り。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜天気よければいいですね〜。
僕もレースの合間に釣りの予定を入れてるので、
忙しい日々です。
ホッケ釣り楽しみましょう!!!
○ピーです
2008/05/27 22:43
 コメントいただいていたのに今,気づきました。
 日曜日は大変ありがとうございました。
 波が高くホッケの釣り場までは行くことは出来ませんでしたが,大物のクロガシラも釣れて楽しかったです。
 大変お世話になりました。
かずじ
2008/06/03 05:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴムボートのカレイ釣り かずじの屋根裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる