かずじの屋根裏

アクセスカウンタ

zoom RSS 「磯ピー号」に乗る

<<   作成日時 : 2008/06/02 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
画像

 週末,マイボートを持っているランニング仲間の磯ピーさんに誘われ,オホーツクの海で釣りを楽しんできだ。
 船釣りを楽しんだうえ,発泡スチロール箱一杯のカレイもついてきたので大満足。
 前にも誘っていただいたのだが,あいにく親戚の不幸と重なり乗ることが出来ず,その分今回の釣りを楽しみとしていた。

 自分のこれまでの釣りと言えば,港の岸壁から竿を振り下ろすか,氷に穴を開けて糸を垂れるかで,船に乗って釣るのは30数年振り。その時はまだ結婚前で釣り上げた大漁の魚を自慢げに持って帰ったら,母親から「可哀想に殺生して。」と言われ,それ以来暫く釣りから遠のいてしまった。

 それが数年前,同僚の誘いで再び釣りを始め,釣る魚の種類が増えるにしたがって竿やリールなどの道具も豊富になってきたのだが,船釣り用の竿やリールは持っていない。
 竿はまだしも電動リールは1台5,6万円もする代物で,おいそれと簡単に買い揃えることもできない。
 そんな訳で,今回の船釣りの道具は全て磯ピーさんの持ち物をお借りし,しかも狙いは初めてトライするシマホッケ。朝日町から同じくランニング仲間のあんちゃんも駆け付けてきた。
 
 早朝,常呂港を出航し,先ずは前浜で準備運動がてらカレイを釣る。常呂は黒ガシラが多いと聞いていたが,自分の竿に掛かるのはほとんどがマガレイ。不思議なことに船の右舷左舷の違いで,僅か3,4mしか離れていない位置で釣っている磯ピーさんの竿にイイ型の黒ガシラが掛かる。
時計の針も8時を回った頃,いよいよ本命のシマホッケを釣りに漁場へ移動する。
 ボートが沖に出るに従って波が大きくなり始め,船底を打つ衝撃も強くなる。どこかに掴まっていないと転んでしまうような揺れだ。実際,ローソクのようなホッケがかかり針から外そうとした時に横揺れを浴び,見事カレイの入った発泡スチロール箱の上に転んでしまい,箱を壊してしまった。
 シマホッケの漁場はさらに先になるのだが,万が一のことも考慮し,シマホッケ釣りを諦め,再び前浜に戻ってカレイ釣りに専念することにした。
 前の日,日本海に面した小平の海岸でマガレイを釣っているのだが,オホーツクのマガレイは,種類が違うのかどうかは分からないけれど,肉が厚いように感じる。
 35cmの黒ガシラも釣れる船釣りは,磯釣りとは違う別世界の釣りだ。

 磯ピーさん,何から何まですっかりお世話になり,大変ありがとうございました。楽しかったわ〜。 
 また,機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かずじさん、船酔いしなかったみたいですね!
酔っ払ったら、釣りどころではなくなりますよ〜。
私は何度も酔って、死亡経験ありです(笑)

トマトにアスパラありがとうございました!
おいしく頂いてまぁす!

海がシケてなければ、もっと釣れたかも!
次回リベンジですね(笑)
ハニー
2008/06/03 07:55
 はい。磯ピーさんに教えてもらったアネロンカプセルを飲んだら,全く船酔いはしませんでした。
 ただ,うねりでバランスを崩し,魚の入った発泡スチロール箱の上に尻餅をついて箱を壊してしまいました。
 それを見ていた磯ピーさんが「足腰を鍛えてないね〜。」だって。

 シマホッケ相手に格闘したかったですね。
 磯ピーさんには大変お世話になり,ありがとうございました。楽しかったわ〜。
かずじ
2008/06/03 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
「磯ピー号」に乗る かずじの屋根裏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる